« 過ぎ去り行く夏 | トップページ

2018/09/30

レフ機の終焉

夜へ
FUJIFILM X-T2


デジタルの時代にも、所謂レフ機が万能選手で君臨していたけど、このところSONYの一人勝ちになっていたミラーレス機に対して、2大メーカーを含む大手が続々と参入してきた。
もうすぐレフ機は終焉を迎え、ミラーレスの時代になって行くのだと思う。

しかしその一方で、フィルムカメラは終わりそうで終わらず、むしろ少し復活の兆しさえ見え始めている。

フィルムとデジタルはやはり決定的な違いがあった。そして高画質路線を突き進むデジタル機の開発により、二度とこの二つは同じにならないのだと思う。
そして、レフ気がここで終わるという意味では、ミラーレスとレフ機も違ったものになっていくのかも知れない。

それぞれのカメラがあり、それぞれの作り出す絵がある。
カメラの世界はますます楽しくなって行く。(笑)

|

« 過ぎ去り行く夏 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29514/67225757

この記事へのトラックバック一覧です: レフ機の終焉:

« 過ぎ去り行く夏 | トップページ