« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/27

CATEYE SL-LD200-R

Imgp1366


去年のサイクルモードでCATEYEのブースに展示されていた時から狙っていたもの。やっと最近発売されたので、待ってましたとばかりに購入してみました。

ざっと説明すると、ソーラーパネルでコンデンサーに蓄電し、暗闇+振動という条件で自動的に発光(点滅)を始め、自転車を止めれば約40秒後に自動的に停止するという、ズボラで物忘れの激しい私にピッタリ(笑)なテールライトなんであります。

水曜の夜に届いて木曜日に会社の窓際に置いて充電したものの、晴天時で約2時間日光に当てるという初期使用条件には適わなかったみたいで、なんだか点滅しても光に力がなく、「これで光ってんの?」っていう感じ。
ちゃんと充電したら明るく光るのかもしれないけれど、それ以来お天道様に恵まれていないので実力は今だに???な状態。

走行距離が長くなく、玄関収納&会社でも室内保管のトラコンでは使用条件に合わないかも...です。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006/05/24

水田

sany0161.jpg


今日の帰りはとても不安定な空もようでしたが、今すぐ雨が落ちてくるようでもなかったので、途中下車+ちょっと遠回り気味に通ったことのない小道を選んで走ってみました。もちろん、お供はいつものトラコン。


快晴の空の下を走るのはとても好きですが、実はこういう不安定な空もすごく好きです。
流れる雲を見ていると、空と大地、地球、時間..を感じるって言いますか、なにか自分の存在を改めて感じ取れるような気がするのです。


そんな気持ちのいい空の下を走っていて、ふと目に止まったこの光景には、自転車を止めてシャッターを切らずにはいられませんでした。
(今日はムービーデジカメの SANYO Xacti DMX-HD1 しか持っていなかったことが少し悔やまれましたが、それでもこうして撮った写真を見ると、500万画素の有り難みを感じます。)


まもなく田植えが始まります。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/05/23

江ノ電で散歩

Imgp1357_1


久々に晴れの予報だった日曜日、子供のリクエストで江ノ電に乗りに行くことになりました。


続きを読む "江ノ電で散歩"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/17

MORINAGA Hi-CROWN

Imgp1283


家の近所の衣料品店にある、105円コーナーで劇的な再会を果たした後に、迷わずカゴに放り込まれた逸品。(笑)

それにしても、Hi-CROWNがまだ在ったなんてとても信じられない。最後に見たのは、かれこれ30年も前に遡るだろうから、行方不明になっていた友人に偶然再会したような衝撃すら感じられたのは、本当のこと。

いやぁ、懐かしいなぁ。当時はこの箱を使ってロボットを作ったりして遊んでいた。さながら、金色のガッシュに出てくる「バルカン300」みたいなやつである。だから、チョコレートの味がどうこう言うよりも、この箱が友達みたいなもんだったんだなぁ。(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/05/16

Coleman Slim Captain Chair

Imgp1266


キャンプ道具は一通り持っているけれど、テントと共に重要かつ、機能が非常に重要になるのは椅子なので、それなりにこだわって選んでます。昔は Snow Peak の物を使っていたけれど、縦に折り畳めるこの椅子が売り出されてからこれに切り替えました。
座面も広く、座り心地もいいし、リーズナブルな価格帯で手に入るので定番中の定番と言えるかな。

ウチの場合、シーズンごと、必要になるたびに買います形で増えていって、緑→緑キッズ用→ベージュ→そして今年赤を購入。
全部色がバラバラで揃えた人はそんなにいないかもね。普通は一色で4つなら4つ揃えるもんです。(^^;

でも、そうやって年を追いながらだんだん増えてきているから、改良の様子が見られてちょっと楽しい。
最初の緑のタイプなどは、手すりの部分が固定できない構造だったから、手すりを掴んで持ち上げようとすると、すぐにバラけてしまって難儀しました。なので、仕方ないからロープで結んで固定するようにしてあります。

手すり部分は今までにも途中何度か変更になっていて、ベージュの物が一番シンプルできちんと固定も出来るしコンパクトになるから使いやすかったな..と思っていたら、去年また変な形になってしまっていたのがベージュの物と同じに戻ったので、チャンスとばかりに赤を追加購入した次第。
で、今年のモデルはフレームの断面構造が変わって強度アップしてるんだそうな。


Imgp1276s


さてさて、折角だからまたキャンプに行かなくっちゃね。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/13

えいご漬け

R0012569


先日、カミさん方の爺ちゃんにタンマリお小遣いを貰ったウチの長男君。
どうせ Nintendo DS のソフトを買うのだろうと思ったら案の定。(^^;
ものは試しとばかりに、「なぁなぁ、父ちゃんにもこのソフト買っておくれよ?」と聞いてみたらなんとすんなりOK!?
二人で英語のお勉強に勤しむことになったのでした。

さて、ネイティブな発音で喋る英語を聞き取って、スタイラスでそれを入力するという形式でトレーニングするこのソフト。なかなか面白くて毎日続けています。
しかし、どうしても聞き取れない単語もいくつかあって、例えば will 、「ウィル」とかって発音じゃ全くなくてどう聞き取っても「ウォー」にしか聞こえない。orz
これを英語力判定テストのときに初めて使われたもんだから、一時期はBランクまで上がった英語力がCランクに逆戻り。と思ったら、こんども will が出てきたのでもう騙されないぞと思って wi まで入力すると間違いの判定!?
あれあれぇ〜???なんて思って考えていたら、時間切れになって英語力がEにまで下がってしまいました。
で、答えはと言えば、なんてこたぁない、やっぱり will だったものの、入力の仕方が悪かったらしくて正しく判断されなかったみたい。

んもう、くやしーっ!ってんで、完全に術中にハマってます。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/09

*nalgene bottle

Imgp1257


Nalgene OTG Bottle. ワンタッチでその特徴的なリングタブを中心にキャップが回転し、開閉する。
とても美しく、機能的にも優れたボトル。

多くの自転車用ボトルが、その素材のプラスチック臭を飲み物に付けてしまうのに対し、Nalgeneのボトルは匂いや味を変えることが全く無い。耐熱温度130℃、耐冷温度-130℃のタフなボトルでもある。


自転車にも使える、ということで買ってみたものの、Pocket Rocket Pro のドリンクホルダーにはちょっと長過ぎて取り出しにくかった。(^^;
シートマストの後ろのホルダーに付けると、泥跳ねで傷だらけになる事が、先日の浜名湖で分かっているのでこちら側には付けたくない。

どうやら、また一つ悩みが出来てしまった。(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/05/08

GW終了...

Imgp1234


GWはネットから出来るだけ離れて(と言っても最低限の巡回はしましたが)子供らと向き合う毎日でした。
おかげで、疲れ果てて子供と一緒に9時過ぎに寝てしまう事もしばしば。(^^;

今日も実はお休みでして、今日だけは自由に動けたんですが、生憎の空模様。オートバイのユーザー車検に出向こうにも、予約いっぱいで叶わず。じゃぁ、自転車でもいじろうかと思ったんですが、車のリモコンキーが壊れてしまって、それを修理するのに時間を費やし、気が付いたら子供を迎えに行く時間になっていました。

しかしまぁ、こんな一週間が一年に何回かあっても良いんじゃないかと思って満足しております。

PS. そうそう、長男がカミさん方の爺ちゃんに子供の日の小遣いをたんまり貰ったんですが、その一部でDSのソフト「えいご漬け」を買ってくれました。
これで毎日、子供と一緒にせっせと英語のお勉強に勤しもうと思います。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/05/01

実は潮干狩りでした

R0012561


R0012560


東京湾を越えてぐるっと一回りしてきたのは、贅沢な輪行ポタではなく、子連れの潮干狩りの為でした。(^^;

潮干狩りと言えば、先日も行ってきた浜名湖の弁天島が有名ですが、東名を何時間もかけて浜名湖に行かずともわりと近場でメジャーな場所が意外とたくさんあるんですね。
横浜近辺などでも出来るようでしたが、とりあえず沢山取れない事には子供もつまらないと思ったので、漁協の方達があさりを撒いてくれていると思われる金田海岸にしました。前のエントリーで写真をUPしたように、行き帰りの道のりも充分楽しめるような企画(だったはず)です。


Kaneda


遠く(左後方)に海ほたるが見え、アクアラインが望めるロケーション。あまり沖に出なかった為に肝心のあさりは少し小ぶりでしたが、規定量ギリギリいっぱいまで捕獲した上におまけのハマグリまで捕れて、満足いっぱいで帰ってきました。

そして、帰宅後に飲んだあさり汁の味は格別だった事を付け加えておきましょう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »