« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/28

本日の珍客

SANY0271

ヤモリ君です。(笑)

風呂に入ってなにげに窓を見たら、へばりついていました。
ウチは横が未だに田んぼだったりするので、アオガエル君などはよくこうして窓にへばりつくのですが、ヤモリを発見したのは初めてです。(っていうか、もっと田舎にいるもんだと思ってたよぉ。え、それはもしかしてここが充分田舎だという事なのか?)
ウチはまだたしか築10年未満だったはずですが、こんな比較的新しめの家にもついてくれるんですね。>ヤモリ君。

そういえば今年はいつも大量発生する蚊が少なかったりもしてます。これはもしかして何かの変化?
そういえば今日も地震がありましたね。う〜ん。


PS. 先日の千葉を震源とした地震ですが、私の会社のあたりでは震度4は固かったと思います。(なにしろエレベーターが3機止まりましたから)そんな中、トラコンは折り畳まれた不安定な状態を保って立ち続けました。なにげに立派だったと思います。(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2005/07/24

Mission: No.165 〜ミシンを攻略せよ!

♪ジャッ、ジャッ、ジャッジャ、ジャッ、ジャッ、ジャッジャ  ぴろるぅ〜 ぴろるぅ〜ぴろるぅ〜るるっ! ♪

「今回の指令はミシンの攻略だ! 押入れの中で埃まみれになっているミシンを救出して再生せよ! なお、このテープは自動的に消滅する。成功を祈る」

SANY0260

という訳で、梅雨も開けたのに梅雨空の日曜日。外に出ていく事もなく与えられた指令(誰にぢゃ?)はそういう事だった。(笑)

自慢じゃないが、ミシンなんて小学校の時の家庭科の実習以来触っていない。いや、裁縫だったら高校の時もネクタイの幅を詰めてみたり、最近では子供のボタンかがりなんぞしたけれど、いずれも手縫い。つまり針と糸。
しかし、ちょっと長い寸法を縫うとなると(しかも生地が硬いと)ミシンが使えればもっと楽なんだろうなぁと思っていたのだった。

さて、押入れから出して一通り埃を払い電源を入れる。スイッチはもうONの位置になっていた。糸も入っているのでこのまま試運転が可能だ。足踏みスイッチを探す。。。ない。そーか、足踏みスイッチはオプションなんだな。じゃ、スイッチは何処だ? 無いぢゃないかっ! おーこれか? プチ ぎゅぅ〜ん ガッシャンガッシャン おー逆回転だこりゃ。3分ぐらいこんな感じで眺めまくってやっとスイッチを発見する。え、なんでそんなことに苦労してるのかって?そりゃぁ、あーた、ミシンには取説が無かったからですよ。

で、糸の交換に入る。今回縫うものは黒いので、糸も黒くなくてはいけないのだ。そんな訳で、現在の糸の状況(つまり取り回し)をデジカメで撮影する。これは様々な物を解体してきた私の知恵だ。写真に撮っておけば元に戻すのに苦労が無い。

SANY0257

一応家庭科の点は良い方だったのでミシンには下糸もあってボビンと呼ばれる小さな糸巻きに糸を巻き直して下側にセットする事は知っていた。よし、次はボビンだっ!

カラのボビンをセットして糸の先端をそこに取り回してやれば、後はミシンが巻いてくれる筈だ。糸の取り回しはミシン本体にそれとなく書かれていた。よし、あとはスイッチを入れればいい。

が、無い。スイッチが、無いじゃん。・゚・(ノД`;)・゚・
たぶん、どこかで切り替えてやれば、ミシンを動かすスイッチがそのスイッチに変わるのだろうという想像はついた。しかし、その切り替えスイッチですら何処にも見当たらない。

〜ちょっと途方に暮れた。(笑)〜

どうする、ここであえなく挫折か?いや、何とかせねぶぁ。ミシンなんて千差万別だから、人に聞いてもわからないだろうそりゃトーゼンだ。このミシンの持ち主はもうこの世にいない。ということは、"聞く"と言う解決方法はあり得ない。
意を決してもう一度押入れの捜索に入った。すると、数々の型紙の合間から取説が出てきた。これでもうコワイモノは何も無い。・゚・(ノД`;)・゚・
そうそう、切り替えスイッチだけれど、セットしたボビンを軸ごとカチッとずらすという物だった。こりゃわかんねーや。

ボビンへの糸の巻き取りも完了し、ボビンをミシンにセットする。糸を通した針を手動で降ろしてやれば、下糸が釣れてくる筈だ。どうなってるんだか知らないけど、これは不思議な仕掛けだ。出来ればバラしてみたいけど、そりゃ無理ってもん。
針を下げる。お、釣れた釣れた。でも下糸が引っ張れない。引っかかって出て来ないのだ。どーなってんのさ?

なるほど。

もともと入っていたボビンでは全く問題無い。うむむ、という訳で、約2分後にその理由に気が付いた。
自分は針箱にあった糸の少なめなボビンに上巻きして使おうとしたのだが、これが実は罠だったのだ。

SANY0261

元のボビンと使おうとしていたボビンでは高さが決定的に違ったのだ。落とし穴だった。なんで使えないボビンが入ってるんだよぉ。と心で叫んでみた。(笑)


そんなこんなで、やっとの事で準備が整い、あとは黙々と制作に没頭した。勿論、スピードは最遅。下手すりゃ手回しである。

で、出来たのはこれ。

SANY0263

先日のデイパックムレ対策ネットの淵は、アイロンで加熱して接着するタイプだったのだが、これがモノの見事に剥がれてしまったので、縫わなければならなかったのだ。それと、真ん中の穴の周りは前回はそのまま放置していたので、これを今回は全部縁取った。

そうそう、このムレ対策ネットだけれども、非常に良い効果をもたらしてくれていた。何たって風が通るのでスースーして気持ちがいい。だけれども、背中にネットが当たっている部分は無いとき同様、結構暑さを感じていた。
なので、今回中心の穴を拡大している。前回の写真と比べてみてほしい。背中に当たる面積は前回の製品の約75%(当社比)にまで下げている。(笑)

ところで肝心の仕上がりだが。。。

SANY0264

ボロの分からなさそうなところだけ、アップでしかもピンぼけ気味に撮ってみた。(爆)これ以上見てはならない。

Now! Mission Complete !!

♪じゃじゃ〜ん! ♪

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/07/21

まだ巡り会えぬ麗しの君〜焼きおにぎりのお茶漬け

ウマいらしいと噂に聞くモノの、まだ食した事がなかったのであった。(涙)
そこで、簡単に巡り会う事は出来ない物かと。。。。

SANY0249
冷凍焼きおにぎりです。

SANY0250
うめこんぶ茶です。

SANY0251
わさびふりかけです。

SANY0252
レンジでチン!したら、網に乗せてちょっと焦げ目を付けます。

SANY0253
融合!海苔を乗せてできあがり。

さて、お味は???


だめだっ!全くだめ!! orz

やはり、味がお手軽すぎます。子供なんか、一口も口にしてくれませんでした。結局3杯も食う羽目に。。
くそぉ、やっぱり居酒屋に行って本物の味を研究しなくては。。。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/07/17

トラコン/ブルホーン化計画 その2

さて、先日の続きのブルホーン化計画 その2、つまるところ完結編であります。

と、その前に"その1"をご覧になったfuzzさんから、「ご参考に」と、ご自身でブルホーン化されたトラコンの写真を送って頂きましたのでご紹介したいと思います。

DSC00143s

もう、見事としか言いようのない仕上がりですね。
当blogの画像を穴が開くほど見つめてまで参考にして仕上げたと言われるトラコンですが、なかなかどうしてカラーリングや小物などのコーディネートなど、オリジナリティ溢れる素晴らしい出来だと思います。
私なんか、この写真見てもう一度トラコンに手を入れ直す意欲が湧いてきたほどです。
そういう訳で、とっても刺激になりました。fuzzさん、ありがとうございます。


んでもって、んじゃぁウチのトラコンはスゲー仕上がりになったのかと言えば、残念ながらfuzzさんの写真を拝見する前に出来てしまっていたので、今ひとつではありますがご紹介したいと思います。

SANY0212

懸案事項だったブレーキレバーの取り付けは、結局、握りと変速のしやすさを重視した逆付けタイプにしました。
それと、以前に購入したものの、色が浮いてしまって使っていなかったVELOのサドルを復活させる為、バーテープを白でコーディネートしてみました。

どうでしょう?バーテープは汚れに気を使うことになりそうですが、BBBの安いやつを発見したので使い捨てのつもりで思いきってみました。

SANY0216

あぅぅ、fuzzさんのトラコンを紹介させて頂いた後だとボロが出るなぁ。(笑)とりあえず各ワイヤーの取り回しは、もう一度見直さなくては。。。

まぁ、一番の目的は"トレーニング用のポジションを得ること"ですから、それが適っていればいいこととしましょう。
んなわけで、Before & Afterです。

SANY0239
Before

SANY0239
After

今回、ハンドルの握り位置を前に出したと同時に、サドルの位置も見直しました。トラコンってシートポストがかなり寝ているので、ポストを延長した際にサドルの位置が後ろに下がりすぎることを懸念して目一杯前よりに付けていたのですが、乗ってるうちにそんなこと無さそうだと思うようになりました。で、今回はちょっと後ろに下げています。実際乗ってみても、コンパクト車とは思えないほどゆったりしたポジションが得られるようになって満足しています。

んで、最後にこの写真。

pos_s

ポケロケとの比較でもほぼ同じポジションであることがおわかり頂けるでしょう。(まぁ、ちょっとだけコンフォートに振ってますが)
これからの通勤兼トレーニングが楽しみです。

おっと、もうひとつ。
"その1"のコメント欄で泥山田さんからご指摘頂いたように、ステムとハンドルの径が異なっており、ハンドルの方が太いことに組み付ける段階になって気が付きました。ほんと、これは盲点でした。
で、どうしたかですが、何事もなかったようにボルトを締め付けていったら、なじんでしまいました。ちょっと外すのが怖いです。(笑)

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2005/07/15

遅ればせながらMacOS9.xx以前に対応

ココログを始めた頃から旧MacOSでコメントの文字化けが出ることに気が付いていましたが、当blog側で対応しようと思いつつすっかり忘れてしまっていました。
で、ようやく対応したつもりです。(ウチのiMac rev.A 通称ボンちゃん>ウソ)で確認しております。

そのかわり、スタイルシートを使った為だかなんだかわかりませんが、ウチのボンちゃんからだと記事のコピーが出来なくなってしまいました。
う〜ん、まぁ、それは仕方なしと諦めてしまいましょうか?>すみません、旧MacOS使いの皆さん

えと、不具合とかあったらお願いします。

SANY0247

↑ウチのボンちゃん (ちなみに脱いだら凄いんです/ドーピング&FBTも自力換挿済み)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2005/07/14

迎え火

SANY0225

7月のお盆を迎えています。

「おかえり...」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/11

トラコン/ブルホーン化計画 その1

SANY0202

先日の写真はこの日東のブルホーンバーでした。

ここのところ競技指向が高まっている私ですが、競技のトレーニングはなかなか時間が取れなくて出来ません。唯一取れるとすれば、それは会社の帰宅時間。そうなると自転車は必然的にトラコンになります。んで、トラコンをもうちょっとでも適正なポジションに近づける為に必要なのが、このブルホーンって訳です。

SANY0187

幅は電車持ち込みを考えて最小の39cm38cm。今のポジションよりかなり狭く、数センチは前に出せる感じです。

SANY0203

ブレーキレバーが一番悩んだのですが、結局これになっちゃいました。本当はBMX用を買う予定だったのですが、お目当てがなかなか手に入りそうになかったもんで。
これ、本当はドロップハンドルのアシストレバーなので、強度的にも不安が残るし、何しろ本来の設計意図にない使い方を仕様としてる訳でして、良い子の皆さんは絶対に真似をされませんようお願いします。

さて、部品もそろったところで一気に組み込もうと思ったのですが、ここでちょっと悩み事が。

SANY0204

ごく普通にブルホーンを組むなら、ブレーキはこの位置になります。しかし私の場合、バーコンで変速をするのでこの位置だとバーコンと干渉してしまいウマくありません。

SANY0205

ってわけで、少しずらしてみます。こうすることで、手前のフラットな部分を握っている場合でもブレーキが掛けやすいメリットが出ます。しかし、本来の先端部分を握る握り方をすると、ブレーキごと握る形になるのであまり力は入れられません。ま、それでも良いような気もしますが。。。

SANY0206

そんな訳で、ブレーキを逆さまにしてみます。そうするってぇと、けっこういい感じで先端部分を握れますし、バーコンを使った変速も問題なく出来ます。ただ、手前の曲がった部分を持とうとする時に、ワイヤーの取り回しも考えるとちょっと持ち辛そう。あと、前方に向けてレバーの先端が突き出てるっていうのも安全面からしてどんなものかと。。。

んな訳で、今夜の作業は取りやめ。またしばらく瞑想(妄想)に耽るのです。(笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/07/06

復活!通勤汗かきシリーズ

SANY0192

最近お気に入りで使っているデイパックです。 deuter の SPEED LITE 20 こいつの良さは500gしかない本体重量。とても軽く、しかも20lの容量を持ち、大きなメッシュポケットを備えて使い心地はとてもいいです。

SANY0189

しかし、その軽さを実現する為に失っている部分もあります。近頃のデイパックはどれも背中のムレ防止に背面にあたる面積を最小にする工夫がされていますが、これについて言えばそれは申し訳程度のもの。

SANY0190

以前、自分の使っていたデイパックはやはりそのような仕掛けがなく、こんなパッドを自作したことがありましたが、日に日に暑くなっていくこの頃、またやってみようかと思い材料集めに走ったのでした。

SANY0188

今回のパッドはどうしてもメッシュでやりたかったので、その素材を事あるごとに探していたのですが、ついにおあつらえ向きを100円ショップのダイソーで発見!すかさず捕獲したのでした。

で、さっそく制作に。

SANY0191

まず、きちんと型紙を作って切り抜きます。
もともとメッシュバックなので、上下の繋がった2重になりますから、その上下部分にアルミパイプフレームを通して、その中心にロープを通しデイパックに固定します。

SANY0193

という訳でいきなり出来上がりました。(笑)

SANY0194

上側はショルダーの上部と、ハイドロのチューブ取り出し口を使って固定。

SANY0195

下側は偶然あいていた穴にロープを通して固定しました。

SANY0196

そんな訳で、ほ〜らこんな感じに出来上がりました。これだけ背中部分を浮かせれば、自転車に乗った時の前傾姿勢でも背中からデイパックは空間を持って離れてくれます。

さて、こいつ、今出来上がったばかりなので、その効能はこんど試して報告してみることにします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005/07/03

次なる計画

R0011774

いやぁ、うまい具合にパーツが集まってきません。(笑)
そんなこんなと、ねむい毎日のせいで更新が滞ってます。m(. .)m

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »