« 持病とその治療 | トップページ | コロコロ中毒 »

2005/02/22

Fridayのカラーについて

BtoW_s

guroguroさんのBlogで、Fridayの人気色であろうSapphireBlueが「塗装に手間のかかる色でコストに見合わない」という理由で外されたことを知った。

自分もこのブルーの美しさに惚れてFriday購入に踏み切っただけに、何とも惜しい話である。こんなことになるのなら、グラデーションが不可であると断られても、なんとかSapphireBlueを残したカラーリングにしておくべきだったか?

ちなみに、廃止になった直接のきっかけが、自分の面倒なカラーオーダーのせいではないかと思ったのであるけれど、「実際に製作をした結果に基づいているそう」だそうで、少しだけ安心した。

Blue系のグラデーションは、いまむらさんの所有しておられるAirFridayが実現しているようだが、「近づくと荒さが目に付く」と言われるカラーリングでも、自分には十分に美しく、羨ましい限りである。

SapphireBlueのFridayを所有されている方々、貴重なモデルとなってしまった故、大事にされたし。
言われないでも大事でしょうけれど(笑)

|

« 持病とその治療 | トップページ | コロコロ中毒 »

コメント

http://onohiroki.cycling.jp/tb/tb.cgi/weblog_d20050130n1
おのさんのところで読んだこの記事がそうかな?

投稿: ayako | 2005/02/23 10:58

http://onohiroki.cycling.jp/weblog200501.html?d20050130n1_#d20050130n1

切れちゃったのでもう一度。

投稿: ayako | 2005/02/23 11:02

ayakoさんこんにちは。

う~ん、おのさんの解説を見ても面倒な塗装だって事がよくわかりますねぇ。もしかしたら次はCandyAppleRed IIも同じ道を歩むことになるのかなぁ。

と、あえておのさんのタンデムの塗装もきわめて困難だったという話には触れないでおこう。(笑)

投稿: Danjun | 2005/02/23 12:40

誤解の無いように追記しておくと、おのさんのは白ベースの特別な塗装、今回廃止になったのは今までスタンダードだったシルバーベースの塗装です。
シルバーの下地でもブルーをムラ無く塗るのは困難だったようですね。

投稿: Danjun | 2005/02/23 13:23

 輪行する自転車は塗装にキズがつきます。ある日、あっと発見してしまうと悲しい。
 Frogもパウダーコーティングですが、輪行袋のまま改札とかでぶつけたことがあるので、フレームのFrogと文字が入っているとこが欠けるようにはがれてました。
 文字部分があるのでレタッチもしづらいので、そのままほってあります。きっと輪行を重ねると、もっとあちこちきずがつくでしょうし(T_T)

投稿: 米田 | 2005/02/23 21:03

米田さん、こんばんは。
そうなんですよね。折り畳むだけで不用意に傷をつけてしまうことがあります。
トラコンはあれでも通勤用って割り切ってるし、子供に金槌で叩かれた跡もあったりして今更傷がついてもどうも思いませんが、Fridayにはできれば傷をつけたくないですねぇ。
でも運命だとも思うので、傷がついたら勲章だと思うしかないのかな。

投稿: Danjun | 2005/02/24 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29514/3039942

この記事へのトラックバック一覧です: Fridayのカラーについて:

« 持病とその治療 | トップページ | コロコロ中毒 »