« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004/08/30

日が短くなったし

近頃、ずいぶんと日が暮れるのが早くなってきた。
ちょっと前までだったら、会社が終わって少しくらい寄り道して帰っても、まだまだ辺りが明るいうちに家に着けたのだけれど、ここんとこずいぶんと暗く、ふいに夏の終わりを感じて寂しい限りであります。

さて、そんな訳で買っちゃいました。今までより強力なライト。

SANY0686.jpg

SANY0687.jpg

CAT EYE(通称猫目)のHL-EL500というやつです。
このライト、出た時から欲しかったんですけど、モノが高いのと、どういう訳だかあまり市場に出回らないので、手に入れ損なっていた物です。ちなみに3月発売の商品ですが、うちの近所の自転車屋さんや、ホームセンターなどでは未だに売っていません。まぁ、そのうち安いWebShopで買ってやろう(今回、43%オフで購入)と思っていたのが、今になってしまいました。

SANY0688.jpg

発光体にLEDを使用したライトですが、普通のLEDではなく、1W高照度LEDというやつを使っています。だから、1個のLEDでも以前のLEDの10倍以上も明るいと言われています。
で、やっぱり本当かどうか比べてみたくなるでしょ。。。

SANY0703.jpg

これが、今まで使っていたSANDENのLD-606というタイプです。

SANY0704.jpg

LEDは白色の物を3つ使ってます。

SANY0709.jpg

LD-606の明るさはこんな感じ。結構青く写ってるように、青白い光がLED全般の特徴です。青白い光って言うのは、明るく見えるんですが、実際に使ってみると結構物が見え難かったりします。

SANY0708.jpg

対してEL500の方はこんな感じ。これならかなり満足でしょう。光も白すぎず好みです。ちょっとスポットがきつすぎるかなって思うところがありますが、まぁ良しとしましょう。ところで、よく言われることですが、この真ん中のスポット部分が猫の顔のように見えるのですが。。。狙ってる訳じゃないそうです。

SANY0710.jpg

さて、問題はこのデカさ。。でかすぎです。

SANY0713.jpg

仕方ないので、配光を無視してハンドルの下側に取り付けました。これで重量もUP。ま、仕方ないっすね。

いじょ、お買い物報告第一弾?でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004/08/26

父ちゃんの野望、着々と。

R0010272s.jpg

先日の日曜日、「どっかいきたぁ〜い」と言う長男のコトバに、『じゃぁ、自転車で公園に行こうか?』と返してみると、「うんっ!」という返事が返ってきた。

ふっふっふ、その返事をしたのが運の付き、これから試練が待ち受けているのだよ。。。


さて、長男は数ヶ月前から補助輪をはずして自転車に乗れるようになっていたけれど、まだまだ不安定な走りしか出来ない。なるべく自動車の通らない道を選んで、サイクリングロードに入り込む。サイクリングロードなら一本道だし、危険要素もミニマムだ。

しかし、長男君はサイクリングロードが嫌いのようで、「つまんないからほかの道に行きた〜い」という。どうやら“つまんない”のは言い訳で、サイクリングロードの狭さが怖かったらしい。

怖い理由としては、まだ不安定である事もそうだけれど、ブレーキが満足にかけられないことが上げられる。補助輪を付けて走っていた12インチの自転車だった頃は、とてもブレーキが上手だったけれど、今の自転車にしてやってからはブレーキが下手になった。その理由を分析すると、

・ブレーキをかけるにはハンドルを持ち直す必要があって怖いらしい。
・ブレーキをかけることによって車体のバランスが崩れてしまう。
・彼は右利きだけれど、右のブレーキがかけやすい>前ブレーキが強烈にかかるという危険な状態になる。

といった感じだ。子供の自転車は片側のレバーを握るだけで、前後一度にブレーキがかかる様な仕様が必要なのかも知れない。

さて、適当に距離を走ったところでマクドナルドに向かい休息する。休息って言っても、子供らはプレイランドで遊びまくるわけだけれど。(笑)

子供の気持ちが満足したところで、また走り出す。今度は家族ぐるみで付き合っている友人の家に。ちょうど長男と同い年の子供が居て、子供同士も仲良しの家だ。適度な距離を走って到着、まったりさせて頂く。

そうこうしているうちに時計の針は5時を回り、日が暮れるので帰ることにする。そんなこんなで、行き先々で目的を作って走ることによって、結局、合計14km以上の走行をこなした。
うーん、りっぱりっぱ。父ちゃんの抱く“子供と一緒にポタOFF会に参加”の夢も近く実現出来るかも知れない。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/08/21

杉田かおるだって走る

さて、オリンピックである。
自分も例外に漏れず、毎日テレビにかじりついて輝いている人達を見守っている。で、見ているとやっぱり影響を受けてしまう。(笑)
今日は金曜日、明日は休みだ。仕事の合間に、”たまには会社から家までの道のり(三十数キロ)をトラコンで帰ってみようか?”なんて考えてみたけれど、時間的に余裕が無さそうであきらめる。
そういえば、明日から某民放局では24時間テレビが始まる。今年はあの杉田かおるが走るらしい。今の彼女のイメージ路線から考えると、とても信じられない。(笑) 彼女は自分と同い年である。やっぱりなんか体を動かさなけりゃ。。。

そんなわけで、唐突ではあるけれど、通勤電車を途中下車してちょっとした山越えに挑戦してみる事にした。山越えと言っても標高300mに満たない小さな山だけど山は山。トラコンでは今までたいした坂を上った事が無いのだ。(^^;)
ちょうど今日はアテネのサイクルサポーターTシャツも着てきた事だし、勝手に気分は盛り上がった。

R0010239.jpg

この先に見えてるのが目指す山。なんか考えていたよりずっと低い。杉田かおるに失礼であった。ごめんなさい。

R0010240.jpg

でも、なんだかんだ言ってもギアはローまで落とす必要があった。ここのところ、えらく夏バテで体力がだいぶ落ちている。

R0010243.jpg

一度上りきってしまえば、あとはたいした坂は無い。気持ちのいい田舎道が続く。

R0010244.jpg

来た道を振り返ればこんな感じ。

R0010246.jpg

途中気が付くと自転車を止めてシャッターを切る。まずい、こんな事やってたら日が暮れてしまう。

R0010247.jpg

一応、証拠のトラコン。(笑)

R0010249.jpg

寄り道しすぎて山を下る頃にはすっかり日が落ちてしまった。既に夜景。向こうに相模湾まで見えたのだけれど。。。

R0010254.jpg

さて、上るのはいいけれど下るのはスピードが出て怖い。ブレーキが融けて無くなっちゃいそうだし、何しろ小径車は安定感が足りない。エンジンブレーキが無いってのがなぁ。(オートバイ乗りの率直な感想)とにかく、初めてなのと、暗いのとで慎重に下る。不安感が無ければこれほど気持ちいい事は無いんだけど。

結局、小一時間かけて家にたどり着いた。終わってみれば、結構拍子抜け、楽勝だった。今度はもっと山らしい山にチャレンジしたいと思う。今度は計画的にね。(^^;)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/08/19

夏の軌跡

最近、あちこちの掲示板でひまわりを見に行ってきたという書き込みを見かけました。
それを見ていたら、自分もその空気に触れたくなってきてしまい、もともと山中湖まで泊まりで行く予定であったのでそのついでに山梨県明野町まで足を伸ばしたのでした。

R0010183.jpg

明野のひまわりは、それは感動するほど奇麗でしたが、一番広い畑がちょっと時期的に終わりに近かったのと、太陽の位置がもう少し早い時間だったら、とちょっと惜しまれたのでした。
次は北海道か宮城県の日本No1,2の広さを誇るひまわり畑に行ってみたくなりましたが、まぁそれは来年以降という事で。

さて、明野には山梨県フラワーセンターというところがあります。
フラワーセンターと言うと、結構あちこちにありがちですが、ここのフラワーセンターは本当に花が多く奇麗に咲いており、はずす事の多いフラワーセンターの中では大当たりと言ったところでしょうか。

R0010209.jpg

R0010212.jpg

R0010214.jpg

R0010222.jpg

R0010227.jpg

お勧めです。(^^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004/08/16

大豆チョコボール【超続編】

え、前回の大豆チョコボールが発売後一週間経った話題であったのに意外に盛り上がったので、今回はその続編です。しかも『つれづれ えんすぅ日記』本領発揮か?

今回はチョコボールを自分で作っちゃおうという企画。まずは材料から。

SANY0677.jpg

いやな予感がした貴方、正解かも。

SANY0678.jpg

このように、板チョコを細かく刻みます。

SANY0679.jpg

次に、50度の湯煎にかけて刻んだチョコを溶かします。

SANY0680.jpg

滑らかになったら、チョコを型に流し込みます。写真にはありませんが、このあと少し固めて内側の具が入る穴を作る為、玉を埋め込みました。

SANY0684.jpg

適当に冷蔵庫で固めて具を入れ、二つを合わせれば出来上がり!!












SANY0681.jpg

納豆チョコボールです。(^^;;;;

さて、肝心のお味は???
「え、食べるの?」 と思いますか?
やはり、食べ物は無駄には出来ないでしょう。昔のドリフとは違います。(T T)

では、パクリ。。。
チョコレートの滑らかさが納豆のネバネバと絡み合って何とも不思議なはぁもにぃ〜。(^^;)
粘りが強くなって、変な感じぃ〜。

やっぱ、この企画失敗だったかなぁー。。。(T T)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004/08/11

大豆チョコボール

SANY0673.jpg

隊長、こんな物をスーパーで発見!捕獲しましたっ!

SANY0675.jpg

『大豆独特の香ばしさとミルクチョコレートの意外なおいしさ』だそうですっ!

SANY0676.jpg

プレミアム品のようで、大きさもちょっと大きめでありますっ。なんでも、姉妹品に『ショコラマロン』というのも存在しているようですが、そちらは普通で面白くないので保釈しましたっ。
このチョコボールで『金のエンゼル』が出るのかどうかは、まだ不明でありますっ!

よし、ご苦労っ!
でも意外なおいしさであるが、それ以上ではないぞっ!






# これ考えた人は節分の日にひらめいたんだな、たぶん。。。(笑)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2004/08/10

3才になるお子さんのお母様はいらっしゃいますか?

R0010132.jpg

ここ数日、お盆休みをもらっている。
昨日は家に居てのんびりしていたら、電話がかかってきた。

 『○×英語スクール(仮名)と申しますが、3歳になるお子さんのお母様はいらっしゃいますか?』

こんな電話は2度目だ。

 「うちは母親は居ないんです。」

 『そうですか、失礼しました。それでは。。。』

と言って電話を切ろうとする。やはりか。。。

 「私は父親ですがどんな御用件ですか?」

 『いえ、今回はお母様を対象にお電話しておりますので。』

 「父親じゃダメなんですか?どうしてそういう差別をするのですか?」

別に英語教室に興味があったわけではないけれど、ムッとしたので追求してみる。

 『え、いや、あの、お父様はまた別の機会にお電話いたしますので。。』

見え見えの嘘だ。

世の中、子供とお母さんという括りは多く存在するが、子供とお父さんというのは少ない。
行政でも母子家庭に対する援助は数多く存在するが、父子家庭に対する援助はほとんどない。
別に好きでこんな暮らしになったわけではない。なのにどうしてこんな差別をされなければならないのだろう。

愚痴のようになってしまった。不快感を与えることがあったら申し訳ない。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2004/08/07

小さなことまでコツコツと。。

SANY0664.jpg

Caplio GXにワイコンを付けた状態で良いケースが無いかなぁと物色していたのですが、カメラ用のケースではこれといった物が見つかりませんでした。そこで、以前使っていたチョークバックが取り出したり仕舞ったりするのにとても使い心地がよかったことを思い出してチョークバックを買ってきました。大きさ的にもピッタリです。

しかし、以前の物と違って今回の物は閉じ紐の部分がショックコード(簡単に言えばゴムひも)になっていて開け閉めの際にいちいちビヨンビヨン伸びてしまい、まったくもってよろしくない。
しかも、コードを止めるフック(って言わないんだろうな)が固定されてしまっているため、閉じるのは簡単でも開けるのにえらく苦労します。そりゃもう両手でよいしょよいしょって感じで。。。

SANY0665.jpg
こんな風にフックが固定されている。しかも紐もビヨンビヨン伸びてしまう。

どちらかと言うとバックなんて閉めるときより開ける時の方が急ぐものだと思います。特にカメラを入れたりすると、シャッターチャンスを逃しかねません。

そこで、やっぱり“改造”という結論になっちゃうんですね、私のバヤイ。(笑)

まずは、固定されてしまっているフック(これなんて言う物なんだろう?)をちょっと切ってフリーにします。

SANY0668.jpg

ショックコードの代わりに、普通のロープを用意しました。ちょっとしゃれっ気を出して赤いのをチョイス。

SANY0670.jpg

コードの端部の留具をバラします。

SANY0671.jpg

紐を入れ替えて出来上がり。

SANY0672.jpg

使い勝手も良くなったし、ちょっと赤が効いててカッコ良くなりました。
うーん、しかし自分ってどうして。。。。以下略

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004/08/04

頭スースーは現実の物となるか?

“冷える帽子”なる物が存在する!? と先日、某自転車系メーリングリストで話題に上がっていました。なんでもかぶるだけで頭がひんやり、スースーして涼しいらしい。。。ここのところ暑い日が続き、涼しい物に興味津々のワタクシですので、さっそくいろいろ調べて自分の用途に合う物を見つけ、即座に手配したのでした(まる)

さて、私の買ったのは冷える帽子 coolbitシリーズのうちのメットカバーというタイプ。

SANY0660.jpg

こんな感じで普通の帽子に合わせて使います。数在るcoolbitシリーズの中でも首周りを直射日光から遮ってくれるのはこれとあと2種類ぐらいしか無いので、バイク用ヘルメットにも取り付けが出来そうなこれを選んでみたのでした。

さて、全体的にどんな感じになるのか、カメラをモデルさんの周りでまわしてみましょう。

SANY0659.jpg

SANY0657.jpg

モデルは、キョロ氏でした。(笑)

さて、実際の効果はいかに?といったところが興味のもたれる点ですが、届いてからろくに試す暇がなかったので、まだ本格的に試せてません。ちょっと使ってみたところでは、心配されたムレムレ感も無く、いい感じになりそうです。

今週末に泊まりで海に出掛けるので、レポートはそのあと詳しくお伝え出来る予定です。お楽しみに。。。

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2004/08/01

覚え書き(ステム制作)

この作業は去年の10月頃行ったんですが、その頃はHP関係は休止中だったので、いまさらですが覚え書きとして掲載することにします。
#って言うか、最近トラコンネタが無いので。。。(笑)

とりあえず、純正のステムを外します。(ハンドルも替えたいので、まとめて取ります。)

SANY0049.jpg

上に写っているのが、プロファイルデザインのシュレッドレスコンバーター。
このパーツをわざわざ買ったのは、アルミ製の斜臼と、アルミキャップが欲しかったから。。。
で、上で書いた2つの部品と純正の引き上げ棒をここでは使います。

本来はシュレッドレスコンバーターをそのまま使えば良いのですが、小径車の場合は長さが短すぎるので、適当な長さの“棒”を物色した結果、フラットでベンド角の浅いハンドル(フラットバー)を発見!採用することにしました。この場合、差し込みが22.2mm、ステムのクランプ部が25.4mmとなり、パイプ径的にはちょうど良いです。

SANY0050.jpg

見難いので拡大。。

SANY0050_2.jpg

で、このように新品をバッサリ。。。ちなみに私の場合、パイプカッターなどの専用工具は使わず、いつも金ノコで切っております。ギコギコ。

SANY0051.jpg

こんな感じで切れました。あとは組み付けるだけ。

SANY0052.jpg

んで、こんな風に出来上がり。
ただし、今回使ったステムはオーバーサイズなので、φ25.4からφ28.6に変更するシム(ダウンサイザー)をかましてます。

さて、ハンドルバーも純正からアルミのライザーバーに変更し、ブレーキレバーも純正のプラスチックの物からシマノのTiagraに、あとバーエンドバーも付けた結果、純正との重量差はトータルで -100g程度でありました。この頃は徹底的な軽量化を目指していたのでとても残念な結果でしたが、特に軽いパーツを選んでいた訳でもないので仕方ないでしょう。それと何と言っても純正の引き上げ棒が重いのなんのって。。

えと、あとですね、やっぱりハンドルを切ったステムは強度が足りないです。力をかけるとたわみまくりますです。
よゐこはマネしないように。(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »