2019/02/28

2月

Untitled


Untitled


一応写真は撮っておりますよ。
満足いくものが撮れているかどうかは微妙ですけど。

しかし、その都度撮りたくなったものを撮っているので、なんだかバラバラでまとまりが有りません。
まとまったものにしたいなぁと思ってるんですがねぇ。

あ、そうだ、今日新しいGRIIIを見て来ました。
手のひらにすっぽりと治るGRは、なんだかワクワクさせてくれます。バックトゥストリートの呼び声が聞こえた気がしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019/01/31

1月

Sunrise on New Year's Day


年末のご挨拶をしてから、新年のごあいさつ、というのが例年の流れなのに、今年はとうとう31日まで引っ張ってしまいました。新年おめでとうございます。(もうおめでたくない)

さて、正月の挨拶をしたと思ったら、もう1月も終わりです。(あたりまえや)

今年も初日の出を見に行って、どんど焼きを見に行って、あとは雪が降ればと思っていましたが、都内は今夜降りそうな気配ですね。


No title


burn


でも、私のところは雨で終わりそうです。
雪の写真が撮りたいなぁ。

なんて、最近シャッターを切る回数が減ってたりもします。
別に飽きた訳でもスランプな訳でもありません。てな訳で、悔い改めますです。はい。

ブログももう少し更新しなくちゃだな。

ではまた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/12/31

さよなら、2018

Vladivostok

Nikon D850 SIGMA 35mm F1.4 DG HSM Art


さて、今年もあとわずかになって参りました。
今年を振り返れば、やはり一番に思い出されるのが、7月のロシア旅行ですね。
特に、ウラジオストクでの、停泊した軍艦のイルミネーションを見渡す光景が、とても異次元的に感じられて、今でも忘れられません。

まあ、これは一つの例であって、数々の楽しい想い出に包まれた一年でした。
と言うことで、今年色々お世話になった方々、まことにありがとうございました。

来年もよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/01

納車しました(今度はマジ)

Img_0692


Img_0694


YAMAHA SR400 40th ANNIVERSARY
7年ぶりのライダー復帰です。
反射神経とか鈍っていると思うので、安全運転を心掛けます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018/11/20

納車しました!




とうとう、憧れていた車を納車しました!
長かったー!のもこの日が来た!!
。・゜・(ノД`)・゜・。

憧れていた経緯はこの辺りね。

Volkswagen New Bulli 2011.03.01
http://danjun.air-nifty.com/tsureen/2011/03/volkswagen-new.html

Bulli 2011.12.14
http://danjun.air-nifty.com/tsureen/2011/12/bulli.html

願って叶うもんねー!
ヽ(´ー`)ノ


まあ、1/18スケールだけどな。
( ̄▽ ̄)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018/10/31

morinonaka

morinonaka
Nikon D850


最近、歳を取ったせいか、このぐらいの時期になるとこれから冬が来るのか夏が来るのかふとわからなくなる時がある。よっぽど季節感なくぼーっと生きてるのかと言われそうだけれど、本当にわからなくなって1〜2分悩むのだ。

実はその原因に少し思い当たる節があって、つまり、毎日スマホばかり見てるからいけないんだろうと踏んでいる。いかんいかん。

このブログもすっかり月末更新となってしまった。
ブログの代わりにFacebookを毎日更新しているのだけれど、Facebookって過去ログは全て残っていても、特定の日付を追い掛けて表示させることはできない。つまり、日記のようで日記の一番良い部分を失っている。
そういう意味でも、やっぱりブログが良いと見直す今日この頃なのである。

写真は先日写真仲間と行った青木が原樹海。
とても神秘的な場所。また行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/09/30

レフ機の終焉

夜へ
FUJIFILM X-T2


デジタルの時代にも、所謂レフ機が万能選手で君臨していたけど、このところSONYの一人勝ちになっていたミラーレス機に対して、2大メーカーを含む大手が続々と参入してきた。
もうすぐレフ機は終焉を迎え、ミラーレスの時代になって行くのだと思う。

しかしその一方で、フィルムカメラは終わりそうで終わらず、むしろ少し復活の兆しさえ見え始めている。

フィルムとデジタルはやはり決定的な違いがあった。そして高画質路線を突き進むデジタル機の開発により、二度とこの二つは同じにならないのだと思う。
そして、レフ気がここで終わるという意味では、ミラーレスとレフ機も違ったものになっていくのかも知れない。

それぞれのカメラがあり、それぞれの作り出す絵がある。
カメラの世界はますます楽しくなって行く。(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/08/31

過ぎ去り行く夏

Untitled


あっと言う間に夏が終わろうとしている。

あの日、ロシアで大陸横断鉄道に乗ってすぎて行った景色のように。

しかし、2018年の夏は一生忘れることのない夏。


ロシア紀行書いてないなぁ。
本当は書けば良いのだけど。


Untitled

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«勤続30年のご褒美